保険料金について

一家

保険料金を減らしたい

これからさらに消費税が上がります。さらに物価も上がっていきます。物価上昇に合わせて給料も上がっていけばいいのですが、どんな経済政策をして景気がよくなるものであったとしても株価が上がり企業収益が上がり順番的に最後に上がるのは給料になります。そうなるとそれまでに支出はなるべく減らしたい、減らせるものはなるべく減らしたいとなります。家計の中で最初に減らすとなると旦那の小遣いと答える主婦の方が多いです。そうする前に考えたいのが保険料になります。どの保険料を減らしていいか分からないので、それはプロに保険相談をします。保険相談をせずに、自分でやみくもに保険料を削ると必要な保障も削ったしまったことになるので、まずはFPに保険相談です。

保険料金を減らしたいなら

保険料金を減らしたいなら、まずは自分に必要なリスクを把握することからはじめます。もし今後入院することがあったら、医療費を払えるのだろうか、保険で準備しても問題ないのか、もし万が一のことがあって収入が途絶えてしまった場合に所得の大幅なダウンとなってもそれに備えているのか、家族が生活できるだけの備えがあるかなどリスクを洗い出していきます。必要な保障が備わっているのであれば、その保障に無駄はないかを見ていきます。基準をつくっておくことで何が無駄で何が足りていないのかを把握することができます。その無駄があれば保険料を節約することができます。保険料で何が無駄なのか分からない場合は保険相談をして解決することができます。